新規オフショア開発事例~アパレル・EC企業向けのデザイン(モック・コーディング)・開発一括開発支援

アパレル、デザイン、EC、ICTの総合グループ企業様向けに、コーポレートサイト、ECショップ構築・移管のデザイン・開発支援をさせて頂きました。   開発体制は、日本人デザイナー、フルスタックエンジニア、ブリッジSEで構成しています。また、日本側のクオリティーマネジメントチームが、Githubをベースとした進捗・課題管理とスクラム開発進行管理を実施します。   お客様の課題: お客様におかれては、自社サービス並びに受託事業において、複数のサイト・ECショップの制作・移管プロジェクトが進行しており、社内開発体制での対応工数がひっ迫している状況でした。   適切なポジションでの人材採用は進んでおらず、外注を検討しつつも、各プロジェクトのスケジュールは非常にタイトであったため、デザイン・開発面ともに、詳細な仕様への落とし込みを行う余裕はなく、   また、お客様側担当リーダーも多忙を極め、(特にセンスを要求するデザイン面での)細かな指示を行うこともできないことから、開発体制構築に困難な状況を抱えていました。   弊社支援: お客様にとって「手離れの良い」デザイン・開発一括体制の構築をテーマとし、 デザインに関しては、サードパーティーのテンプレートを使用しつつも、レイアウト構成や詳細デザインに関しては、未定義であったため、日本人デザイナー兼コーダーメンバーがモック作成と実装(html/CSSコーディング)を担当し、お客様とのデザインすり合わせを行いながら、進行しました。   開発に関しては、日本人デザイナーが定義したコンテンツ構成とUIを基に、開発タスクを分解し、ベトナム側で自律して分析・開発・テストを進めていきました。   全体のプロジェクト管理は、Githubプロジェクトボードを使用したスクラム開発を採用し、Sprintマイルストン毎にタスクを細分化し、各Sprintでのタスク目標と実績を詳細に管理することで、タイトスケジュールの中での確実な開発進行と、進捗の見える化を実現させました。   弊社支援: 結果として、お客様から一つ一つの細かな指示を頂かなくとも、サイト・ECショップの制作一つのデザイン・開発をセットで、進めていく体制とプロセスが(国内より安価な予算で)実現し、お客様にとっての中期的な開発基盤として位置付けて頂きました。