オフショア開発新着ナレッジ記事アップしました。~オフショア開発の問題と解決策

ディレクトリジャパンオフショア開発ナレッジ記事vol2をアップしました。   今回は、オフショア開発において、必ずといって良い程指摘される、運用上の問題について取り上げ、 それらの課題が起こる背景を分析しました。   記事はこちら ↓ オフショア開発よくある「問題」と「解決策」~課題の背景から解決策を探る

オフショア開発よくある「問題」と「解決策」~課題の背景から探る

ディレクトリジャパンナレッジ記事Vol.2   オフショア開発よくある「問題」と「解決策」~課題の背景から解決策を探る   ディレクトリジャパンナレッジチーム編集 2021年2月1日     オフショア開発と言えば、「開発コストが安い」「人件費を抑えられる」等のコスト面でのメリットが多いイメージが強いかと思います。   一方、デメリットとしてはオフショア開発経験の有無に限らず「コミュニケーションが上手く取れるのか」「品質担保できるのか」等、多くの不安や課題、懸念を持っている方が多いかと思います。   そこで今回は、オフショア開発でよくある課題と共に改善策・当社での取り組みを紹介したいと思います。(なお、当社では主にベトナムでのオフショア開発を主体におこなっております。)   目次 1.オフショア開発であるよくある課題 2.課題の背景を探る 3.改善策・当社取り組み例 4.まとめ     1.オフショア開発であるよくある課題       ・同じ質問が何度と来る、1回で理解してくれない   ・仕様通りの成果物が上がってこない   ・こちらから(日本側)連絡しないと連絡してくれない   ・指摘しても直っていない   このような課題がオフショア開発では実際に多く存在します。 やはり言葉の壁から生じるコミュニケーションの問題や品質についての課題が大半を占めています。   上記の課題を解決するには、まず課題に対する背景を知ることが1つのポイントとなります。背景を知っているのと知らないのとでは、オフショア成功が大きく変わります。今後オフショア開発を成功させる為には、まずはオフショア開発側の事情や背景を知って理解した上で上手にマネジメントしていくことが課題解決に繋がります。     2.課題の背景を探る   さっそく課題に対する背景を見てみましょう。     <課題:仕様通りの成果物が上がってこない>   ➡最終的に使うユーザーのことを想定して開発していないという背景   <課題:指摘しても直っていない>   ➡開発者自身でテストしないという背景   <課題:同じ質問が何度と来る、1回で理解してくれない>   ➡後から修正すれば良いと考えて、まずは作ってみる・手を動かす、スタイルという背景…