デジタルトランスフォーメーション

2021年オフショア開発動向〜DX・リモートワークシフトでグローバル開発体制が加速する

ディレクトリジャパンナレッジ記事Vol.4   2021年オフショア開発動向〜DX・リモートワークシフトでグローバル開発体制が加速する   ディレクトリジャパンナレッジチーム編集 2021年3月10日       2021年はオフショア開発にとっては追い風になる年と言われています。最新のオフショア開発動向を、コロナ禍で推進される「DX」、「リモートワーク」をキーワードに紹介させて頂きます。   目次 1.2021年オフショア開発を取り巻くトレンド 2.オフショア開発のメリットと注意点 3.オフショア開発企業の選定 特典:おすすめオフショア企業リストダウンロード 4.まとめ     1. 2021年オフショア開発を取り巻くトレンド   今、オフショア開発は追い風となっています。   その背景として、新型コロナウイルス拡大の影響で多くの企業において、リモートワークが主流になってきた今、これまで当たり前であった人と人との交流や、イベントの回数が激減し、変わって、多くの産業においてデジタルシフトが急激に進んでいる背景があります。Eコマース、マッチング、デジタルマーケティング、クラウドを始めとした「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の拡大です。   同時に、リモートワークの定着によって、オフショア開発で大きな課題とされている遠隔コミュニケーションに対しての人々の抵抗感が少なくなってきています。デジタル人材不足トレンドの中で、オフショア開発ならではの、IT人材の層の厚さ、そして、リーズナブルなコストといったメリットが一層、注目されています。   さらに、多様性社会、プロダクトのグローバル化、そして、IT人材不足の時代において、「グローバル人材と共に働く取り組み」は企業の持続的成長において、不可避となってきています。   これらの背景から、デジタルシフト、グローバル組織を推し進める企業において、オフショア開発を積極的に採用し始めています。弊社では、ベトナムでのオフショア開発の導入支援をしており、その魅力についても簡潔にお伝えしたいと思います。また、メリットだけではなく、注意すべきポイントもあるため、そちらも併せてご紹介します。 →おすすめオフショア企業リストのダウンロード 2. オフショア開発のメリットと注意点   当社がオフショア開発の導入について相談を受ける際に、最も多いのが下記のお悩みです。     ・IT人材を採用したいが、中々良い人材に出会えない   ・開発コスト(人件費)を抑えたい   ・社内リソース不足の為、開発体制を再構築したい     オフショア開発がなぜ、これらの悩みを解決できるのか、一つずつ見ていきましょう。   「IT人材を採用したいが、中々良い人材に出会えない」   ⇒ベトナムでは、非常に優秀で幅広い技術力を保持している方が多く、先端技術等の知見や対応ができるエンジニアがいる為、貴社の即戦力人材となります。   また、ベトナム人の仕事に対する気質や姿勢が日本と親和性が高い為、言語の壁はありながらも、チームワークを、比較的抵抗なく構築することができます。   [注意ポイント]  …