ベトナムオフショア開発の可視化

オフショア開発コンサル事例~コミュニケーションの「見える化」が「意思疎通」成功の鍵

ディレクトリジャパンナレッジ記事Vol.3   オフショア開発コンサル事例~コミュニケーションの「見える化」が「意思疎通」成功の鍵   ディレクトリジャパンナレッジチーム編集 2021年2月19日       ECサイト向けポータルメディアの開発において、QM*¹(クオリティーマネージャー)としてコンサルティング支援を開始いたしました。 ECポータルメディアのレイアウト改修、セキュリティーサーバー問題対策等について、ベトナム開発チームにて支援させて頂いております。   *¹QM…弊社では開発の品質を高める為、日本人による開発・コミュニケーションのフロー設計~導入・改善のサポートを行う全体品質の管理をする弊社独自のポジション   開発体制:PHPエンジニア+ブリッジSE兼AWSエンジニア   目次 1.お客様の課題 2.改善テーマ1. 「開発運用の可視化」 3.改善テーマ2. 「エンジニアとの直接的なコミュニケーション」 4.まとめ 1.お客様の課題   ・プロジェクトが全体的にブラックボックス化している為、進捗状況等が把握できない ・ベトナムチームへの情報共有や修正指示等のコミュニケーションに時間が取られる   弊社支援: お客様の課題解決の為にお客様側リーダー、及びベトナム開発チームへのヒアリングし、また過去の課題管理ツール上のチケットやチャット内容を分析した上で、 課題の原因を抽出し、具体的な改善施策を立案し、当社にて導入をリードしました。 2.改善テーマ1. 「開発運用の可視化」   施策①コミュニケーションツールを変更   ⇒仕様や開発方針について、当初二者間のチャットのみで行っていたが、エンジニア全員の進捗状況を可視化するために、 全てのメッセージやり取りがチーム全体で見ることができるツールへ移行。   成果:全てのやり取りをこのツールで行うことで「ベトナムチーム内部での仕様理解や伝達方法はどのように行っているのか」といった情報のログが取れるようになり、 開発内容に、認識ずれが合った際に、どこでずれたのか、といった検証が容易になった。 また、複雑な仕様の際には、開発側がスムーズに認識合わせができているか、なども把握が可能担った。   施策②ベトナムチームは一日の成果レポートを記載   ⇒各エンジニアのリアルタイムの進捗状況を把握するために、終業時に「1日の成果」「QA」「明日のタスク計画」をエンジニア一人一人に記載してもらうようにルール化。   成果:ベトナムチームのタスクの進捗具合(タスクボリューム・開発スピード感等)やベトナムチームが抱えている問題が分かる為、 事前にタスクの準備が出来たり、指示を出したりとタスクが管理しやすくなり、また開発の停滞が減る等を防ぐことができた。 3.改善テーマ2. 「エンジニアとの直接的なコミュニケーション」   施策①AI翻訳ツールを活用し、積極的にコメントを記載   ⇒ブリッジSEを介さなくともお客様とテキストベースでのコミュニケーションを取れるようにする為、…